竹内やよい 読書、書籍

パナマ文書 タックスヘイブンの本

更新日:

20160509_115324

世間を騒がして

一日置きには

新聞に載っている

パナマ文書の問題。

 

今日のテレビでは

関連したと思われる

日本の企業が

取材されていた。20160510_113054

 

ICIJ代表の会見も。

 

 

20160510_113031

タックスヘイブンとは何か?

橘玲【たちばなあきら】著のこの本

とても 面白かった(^^)

20160509_115449 (1)

 

この間から興味深く

パナマ文書の問題について

 

書いている弥生ママは

冒頭の言葉が印象的だった。

紹介。

20160509_115400

 

🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷

本書はフィクションであり

ここに登場する

人物、団体、金融機関等は

 

実名をあげた一部を除き

全て架空のものである。

 

本書で描かれるタックスヘイブン等を

利用した租税回避の手法は

 

あくまでも、

著者の想像上のものであり、

 

税法およびその他の法律に

関するコメントは私的見解である。

 

読者が自らの責任において

これらの手法を

試みることは自由だが

 

それが現実に効力を

有する保証はない。

 

また、それによって

惹起されるであろう

いかなる事態に対しても

 

著者、及び、

出版社は

いっさいの責任を問わない。

🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷🕷

 

世界を揺るがす

この問題の深刻差が

冒頭のこの言葉に

現れている。

 

-竹内やよい, 読書、書籍
-, ,

Copyright© 竹内やよいのブログ  , 2018 AllRights Reserved.