お仕事 竹内やよい 読書、書籍 近況

なんにもしたくない日、柔道井上監督の言葉日9月27日竹内弥生

投稿日:

誰でも仕事がしたくない

これと言った理由はないが

やる気が起こらない。

体調が今一つ。

ぼーっとする。

img_2486

原因を考えても仕方ない

 

人との別れや子供の心配

数え上げたきりがないし

考えるのも面倒。

 

そんな日が万人にあると思う。

 

そんなことない!

毎日が楽しくて

仕事が楽しい!毎日元気だ!

なんて言う人がいれば

弥生ママは

お友達になって欲しい(^-^)

 

柔道日本男子監督

井上康生監督の言葉。

新聞から

img_2650

井上監督は五輪に

魔物はいないと選手に言った

 

魔物はいないという

考えに変わりはない

 

しかし、

運や巡りあわせもあり

4年に一度のその日は終わる

強いものだけが勝つとは限らない。

 

その意味では

魔物はいなくても

非情さはあるかもしれない

 

ただ、

やるべきことを

やってこなかった者が

勝つことはない。

 

絶対的な力をあれば不運も覆せる

 

チャンピオン2人の共通点とは?

【金メダル二人】

♡一言でいえば自立心だと思う♡

 

スタイルは全く違う二人だが

何をやるべきか自らの戦いに

 

何が必要か

考えがまとまっていた

ような気がする

 

外発的に詰め込まれるではなく

自分自身で考え理解し

 

すべて言葉に

できるくらいの能力がないと

五輪では勝てない

 

そうした能力の根源にあるのは

知識だと思う。

 

読書し

人の話に耳を傾け

自ら体験を積む知識が

豊富であればあるほど

いろいろな考えを持てる

 

自らをコントロールし

マネジメントする能力がある選手だけに

数々のドラマが起きうる

 

4年に一度の

その日を勝ち抜いていける

 

東京オリンピックまで何から着手しますか?

img_2649

4年前と同じ作業の繰り返し

土を耕し

種をまき

水をやり

光を浴びせながら

4年後に大輪の花咲かせるように

一層レベルを上げていきたい。

img_2488

この記事を読んで

チャンピオンになる

世界的なアスリートとは

 

私たち一般人とはスタイルも

生活も雲泥の差があり

 

私たちの日常とは

あまり関係ないと思っていた

 

しかし

一言で言えば【自立心】との言葉

自分自身の考えを

理解していく行動が

必要だと改めて思った

 

時には何もしたくない状況に

陥っても監督の言葉にあるように

いろいろな考え方を持っていれば

 

何もしたくない日

今日は頑張る日と

いろいろな思考で前に進んでいける

 

月並みだがネガティブな日もあるが

ポジティブな日もある

 

トップアスリートの日常は

肉体的かつ精神的、科学的にも

一般人にとって非日常だが、

 

考え方や過ごし方は

参考にして

何もしたくない日を乗り越えて

明日は頑張ろうという思考を作ろう(^-^)

-お仕事, 竹内やよい, 読書、書籍, 近況
-, , , , ,

Copyright© 竹内やよいのブログ  , 2018 AllRights Reserved.