お仕事 つぶやき 地域 地方自治とは何だろう 政治って 時事 竹内やよい 読書、書籍 近況

ゆりかごから墓場まで?人口3万を切った新宮市の未来とは?3月2日

更新日:

京都にいる時

どこに行っても

ひとだかりだらけで

羨ましい限りだと痛感した。

 

写真は大好きな田中角栄(^^)

京都市は

学生と観光客で溢れかえり

外貨も充分に落ちて

自治体の運営は

スムーズに行われている。

 

私達の暮らしは生まれてから

【母子手当の交付、乳幼児医療など】

死ぬまで【死亡届け、公立墓地】

 

ライフステージに応じて

様々なサービスを自治体から受けている

 

日々の暮らしも

朝起きて【洗面の為の水道など】

夜寝てからも【急病の救急車など】

 

自治体のサービスの上に築かれている。

 

そして、

そのサービスを受けるために

私達は税金や負担金や手数料など

自治体に支払ってバランスをとっている

 

しかし、

何でもかんでも自治体に頼っていると

支払わなければならない

税金の負担が大きくなる

 

そのバランスに優先順位をつけて

私達が暮らしやすくなるように

 

議論してまとめて

市民と自治体がバランスよく

重なりあうのが理想だと思う。

 

その市民の代表の地方議員さんは

今現在、この街は恐ろしく

経済が悪化してあえいでいるのを

ご承知だろうか?

 

自治体ばかりを攻めて

市民の代表の皆さんは

事の本末をご存知だろうか?

 

攻めるのは良い事だが

結果ありきだと思う

出口のない議論をする時間の猶予はない

 

新聞で見る一般質問の内容は

大勢の市民の思う気持ちと

優先順位が違う様な気がする

 

市民の生活をどうするのか、

 

 

★経済★を強くする事が

最優先ではないのかと思ってしまう。

 

人口減少

少子高齢化

働き手不足

人が出ない街。

 

現実にみんながあえいでいる

問題を議論して

結果を出して欲しいと切に思う(^^)

-お仕事, つぶやき, 地域, 地方自治とは何だろう, 政治って, 時事, 竹内やよい, 読書、書籍, 近況
-, ,

Copyright© 竹内やよいのブログ  , 2018 AllRights Reserved.