竹内やよい

大ヒットした最近読んだ本(^-^)政治家にして軍人が【仕事の手順】を語りつくした!言葉も考え方も素晴らしく菅官房長官も激賞するお手本にしたい一冊(^-^)【リーザ―を目指す人の心得】コリン・パウエル

投稿日:

菅官房長官が

この本を読んで

会見へのプレッシャーが

なくなったと激賞!

 

テーマは人と愛だ。

仕事論人生論を語った本書は結局

さまざまな人たち・

懐かしい人たち・

輝かしい人たち・

愛に満ちた人・

挫折した人などとの

かかわりについて語ったものだ。

 

13か条のルールを紹介する。

コリン・パウエル

 

1、何事も思うほどに悪くない

 翌朝には状況が改善しているはずだ。

 【私のブログで引用している(^-^)】

  こうなる場合もあるし、

  ならない場合もある。

 

これは心構えの問題であって

予測ではないからだ。

 

状況がどれほど厳しい時でも

自信を失わず

楽観的な姿勢を持つように心がける事。

人を信じず、自分を信じる事。

 

2、まず怒れ。

 そのあとで怒りを乗り越えろ。

 誰でも怒る。

怒りは当たり前でまっとうな感情だ。

 

子供に対しても、

連れ合いに対しても、

親友に対しても、

敵に対しても、

職場の上司に対しても。

 

ただ怒ったままではよくない。

劇怒や失望のすばらしい点は

それを乗り越えてゆくということだ。

 

3、自分の人格と意見を混同してはいけない。

さもないと意見が却下されたとき

自分も地に落ちてしまう。

 

要するに自分の立論に

問題があったと認めても

 

それが人格に問題があったことを

意味にしないようにしろと言うことだ。

 

部下の人格に怒っているわけではない。

部下の意見に怒っているのだ。

 

 

ほんの一部を抜粋したものですが

心を打ち、

書かずにいられませんでした(^-^)

 

 

竹内やよいの写真は

昨日のものですが

今日も昼から出発します(^-^)

希望を胸に(^-^)

 

皆さん、暑さも軽減し、

秋の気配が漂ってきました。

 

家族に囲まれている人も

家族の中でも孤独を感じる人も

一人で過ごしている方も

 

投げ出したいときや

逃げたい時、

違う世界に行きたい時は

 

本や映画、アスリートを見て

気分を変えましょう(^-^)

現実逃避と気分転換は

生きる知恵だと思います(^-^)

 竹内やよい

-竹内やよい

Copyright© 竹内やよいのブログ  , 2017 AllRights Reserved.