竹内やよい

この国を守り抜く!安倍首相の公約。北朝鮮の脅威、少子高齢化二つの国難前に明日を守り抜く重大な決断と実行力が問われる

投稿日:

皆さん、こんにちは(^-^)

 

今日は深刻な地方創生への

取り組みを書きます(^-^)

 

国民として

市民として

一緒に考えましょう(^-^)

 

【衆議院選挙での安倍政権の公約】

 

北朝鮮の問題

アベノミクス加速生産性革命

保育・教育無償化

人づくり革命

地方創生

復興

憲法改正

 

もちろん全てが私たちの

明日を守り抜く重大な課題と問題。

 

その中でも私たち地方の人間が

一番苦しんでいる地方創生。

 

少子高齢化人口減少の副作用が

あちらこちらに影響している

このままでは地方など

吹っ飛びかねない。

 

国は対策として

若者や農林水産業者が希望を持てる

「農政新時代」を切り開く。

 

外国人旅行者4000万人を目指す。

 

地方の意欲的な取り組みを支援し

地方創生推進交付金などを活用

 

地方の地元企業に就職した人への

奨学金支援制度を促進。

 

地域の中核的産業の復興や

専門人材育成を支援し

地方大学の振興や

地方の若者の雇用機会を創出。

 

地方特産品の開発。

販路拡大への支援。

観光客を呼び込む

ローカルアベノミクスの実現。

 

出生率が向上するよう

環境作りや働き方改革を推進。

医療・介護革命。

 

中山間地域などにおいて

地域住民が主体となった

地域運営組織の形成。

 

中小企業経営、小規模事業者の

成長発展を促進

 

得に小規模事業者には

手厚い支援を実地。

 

小規模事業者の収益力の向上と

事業の次世代への継承のため

継承の準備段階から

切れ目のない支援を推進。

 

固定資産税の軽減などを活用

 

中小企業小規模事業者の

設備投資を促進。

 

どれもこれも幸せを呼ぶ項目だと思う。

しかし、一刻も争う地方の街。

 

若者は出ていく

介護関係はまだ光が見えていない

銀行は小規模事業者には力を貸さない。

 

国がこれだけ公約を

掲げているのだから

地方自治体も一丸となって

課題や問題解決に

邁進して欲しいと思う。

 

私たち個人も努力して

この街が元気を取り戻す様に

自助努力もしなければならない。

 

お金持ちはお金持ちのまま

貧乏は貧乏のままと言う

社会格差をなくさなければ

一般市民は幸せの度数が薄いと思う。

 

3連休も最終日

皆様が楽しく過ごし、

あしたからの仕事に

頑張れます様に(^-^)

竹内やよい

 

-竹内やよい

Copyright© 竹内やよいのブログ  , 2018 AllRights Reserved.