時事 竹内やよい

パナマ文書 新聞から

更新日:

最近、新聞で頻繁に

記事になっている

パナマ文書の問題。20160427_120100

タックス・ヘイブン

【租税回避地】に関わるパナマ文書の

共同通信による分析で

日本在住者や日本企業が

株主や役員として

記載された回避地法人が

270に上がる事が分かった。

 

株主などに名前があった

個人も約400人「重複含む」おり、

 

回避地利用が個人にまで

広がっている実態が浮かび上がった。

20160427_120100

 

お金持ちになったら車も高級車、

家も別荘もおまけに女も手に入り、

もっと、もっとの物欲、欲望が

人間の餓鬼状態をひどくする。

 

ただのお金持ちではなく、

富裕層、超富裕層になったら

宗教に走り、聖戦を起こす。

極端な妄想だが、

弥生ママの様な一般人には、

理解出来ない今回の行為。

 

お金を持って死ぬわけにはいかない

へたに莫大な財産を残しても

その血脈が幸せだとは限らない。

 

弥生ママが、

生涯、尊敬している大社長は

困った人を助け、

得た利益を、平等に配分することを

常に考え、実行していらっしゃる。

 

本で呼んだが、【人物史が大好き】

奉仕活動や寄付活動を念頭に置いている

数々の世界の富裕層のCEOも沢山いるのだ。

 

今回の租税回避地日本人400人は

日本人なのだから、日本人として

誇りを持たなければならないと思う。

 

幸せとは何かわからないが、

何が良い人生か・

答えはいい人間関係に尽きる

と元世界銀行副総裁のコラムが

新聞に書いてあった。

 

隠すほど、お金があっても

墓場まで持っていけないのになぁ。

20160427_120131

 

この本は本棚にない。

早速、買って読もうと思う(^^)

-時事, 竹内やよい
-, , , , , , , ,

Copyright© 竹内やよいのブログ  , 2018 AllRights Reserved.